基礎補強工事について

EXTERMINATION消毒工事・防カビ工事

消毒工事とは

消毒工事とは穿孔注入処理、吹付処理、土壌処理のいずれかを行います。
人と環境にやさしい、より安全を考慮した、シロアリ防除専用剤を使用しています。

穿孔注入処理

床下の土台や束柱(つかばしら)などにドリルで小さい穴をあけます。
開けた穴に専用の工具でシロアリ用の薬剤を注入し、薬剤を土台などに浸透させます。

吹付処理

シロアリ被害のはじまっている木材や浴室の土台など、被害にあいやすい場所には念入りに吹き付け処理を行ないます。

土壌処理

シロアリの大部分は床下の土壌から侵入します。
床下地面に薬剤のバリア層をつくり、シロアリを寄せつけません。
土壌に薬剤を散布し、バリアの層をつくってシロアリの侵入を防ぎます。

安全で人・環境に優しいシロアリ防除

シロアリは自然界では不朽した木を掃除し土に返す重要な役割を果たす虫ではありますが、人が住む家にとっては知らず知らずのうちに柱や土台を食べてしまい、家が住めなくなるほど弱くなったり、地震が起きた時に家が倒壊するなどの被害を出してしまいます。
シロアリの発生する要因はシロアリが生息しやすい環境を作ってしまうことが原因であり、家の性能を維持するためにはそういった環境を作らないことが重要になります。


家の床下がジメジメすることにより木材が湿気を吸い込みシロアリが好む居住環境になります。
家の床下がジメジメする環境を改善するにはどのようにしたらよいか、どのように改善したらよいかを考え、リフォームもするということも根本的な改善策として有効であります。
根本的な原因は家それぞれであります。
弊社ではシロアリ消毒時に根本原因を調査しアドバイスをさせていただきます。

消毒工事方法

消毒工事、シロアリの駆除については、木部の消毒と侵入経路である土壌の消毒を施します。
木部処理(土台や大引、柱など)には水溶性薬剤か油性薬剤をのどちらかを、土壌面には水溶性薬剤を使います。
消毒方法としては木部に穴を開け薬剤を注入(穿孔注入処理)し、土壌には土壌処理を行います。
また、床下から消毒できない玄関や浴室部分は、室内からタイルに6~9ミリ程度の穴を数箇所開けて薬剤を注入・散布します。
シロアリの被害を予防、または駆除するためにはしっかりとした処理をすることが重要なのです。
消毒工事に関しては、被害状況や建物の面積、施行回数などによって、料金が変わってきますので、料金につきましては調査・お見積りをご依頼ください。

防カビ工事

床下の木材が腐り床板がきしみ建物全体の強度が低下するカビの影響。
カビの対策は定期的な検診や対策が効果的です。
ShinwaGroupでは防カビの調査から対策工事までお任せください。